運動も食事制限も必要なし!痩せホルモンGLP-1で超簡単ダイエット!

GLP-1とは、痩せている人に共通して多く分泌されるホルモンです。

先日、GLP-1がテレビで紹介されたことにより話題になりました。食事制限や運動をしなくてもGLP-1がたくさん出せれば、太りにくく痩せやすい体質になります。そんなGLP-1を利用したダイエットについてまとめました。

GLP-1 ダイエット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.GLP-1とは?

GLP-1はアメリカでは肥満の治療薬として使われているホルモンで、確実に痩せる効果があると立証されているダイエットホルモンです。

GLP-1 ダイエット アメリカ

とはいえ、GLP-1とは誰もが持っているホルモンの一つ。

GLP-1は食事をすると分泌されますが、その分泌量は人によって個人差があります。この分泌量の差が、たくさん食べても太らない人と、運動や食事制限などを頑張っても太ってしまう人の差とも言われています。

GLP-1は「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学テレビ」でも痩せるホルモンとして紹介されています。

2.GLP-1のダイエット効果

ではなぜGLP-1が分泌されると痩せやすく太りにくい体質になれるのでしょうか?GLP-1ののダイエット効果は下記の2つです。

1.GLP-1は血糖値の急上昇を防ぐ

GLP-1は胃から腸へ食べ物が送られるのを抑制する効果があります。

結果、食べ物の糖分が超で吸収されるスピードが遅くなり、血糖値の急上昇を防ぎます。

さらにGLP-1はすい臓にも働きかけ、血糖値が高い場合にはインスリンの分泌を促進させる効果があります。このことからGLP-1は糖尿病の方の治療薬としても利用されています。

2.GLP-1は脳の満腹中枢を刺激する

GLP-1のもう一つの役割は、GLP-1が脳の中枢神経系へ働きかけ満腹中枢を刺激する効果があります。GLP-1が満腹中枢を刺激することで、少ない量の食事で満腹感を感じることができます。

さらに、GLP-1が消化と吸収のスピードを遅くすることで、腹持ちが良くなり、お腹がすきにくくなるという効果が得られます。

GLP-1ダイエットのメリットは、運動も無理な食事制限もないので毎日続けることが簡単にできる点です。効率よくGLP-1を出す習慣を身に着けて、無理なくダイエットすることが可能です。

GLP-1 ダイエット

3.GLP-1の分泌量を増やすには?

では、どうすればGLP-1の分泌量が増やせるのでしょうか?

サプリ等で直接GLP-1を摂取できればいいのですが、実はGLP-1は日本では糖尿病の薬として処方されており、糖尿病と診断されない限り、直接購入することはできません。

ですので、GLP-1を直接摂取するのではなく、体内からより多く分泌させる必要があります。

そのために必要な臓器が小腸です。小腸は6~7mもある体内で最も長い臓器で、その小腸の下部にGLP-1を分泌する細胞が多く存在しています。ですから小腸下部を刺激する食べ物を摂ることでより多くのGLP-1を分泌させる可能性が高まるとされています。

GLP-1 ダイエット アメリカ

4.GLP-1の分泌量を増やす食べ物

小腸下部を刺激し、GLP-1の分泌量を増やす成分が下記の3つです。

・食物繊維

食物繊維は消化されにくいため小腸下部へと届きやすく、刺激を与えることができます。

GLP-1をより多く分泌させるには、一日当たり18g程度の食物繊維を摂ると効果的とされていますが、不足しがちな成分です。食物繊維の日本人の摂取量平均は1日約13gとなっているため、意識して芋類・海藻類・野菜は根菜などを多めにとることが大切です。

食物繊維を多く含む食材は下記が一例です。

( )内は100gあたりの食物繊維の含有量
ゆでいんげん豆(13.3g)
ゆであずき(11.8g)
ゆでひよこ豆(11.6g)
おから(11.5g)
シソの実(8.9g)
くり(8.5g)
エンドウ豆(7.7g)
しそ(7.3g)
ゆで大豆(7.0g)
納豆(6.7g)

GLP-1 ダイエット いんげんまめ

・EPA

EPAとは魚介類、とりわけ青魚に多く含まれているオメガ3脂肪酸という不飽和脂肪酸の一種です。オメガ3脂肪酸がダイエットに効果的であることは聞いたことがある方も多いと思います。

GLP-1を分泌させるためには、EPAを1日当たり1000mgを目安に摂ることで、ダイエット効果を高めることができるとされています。

さらにEPAにはGLP-1の分泌を促すだけではなく、健康に役立つ様々な効果が期待できます。

血液をサラサラにし、高血圧の予防・改善
脳卒中を予防
動脈硬化、心筋梗塞の予防
中性脂肪や悪玉コレステロールの減少

これらの効果は結果的にダイエットにもつながります。

EPA多く含む食材は下記が一例です。
( )内は生食100gあたりのEPAの含有量

サバ(1645mg)
イクラ(1613mg)
マグロ(トロ)(1450mg)
イワシ(1171mg)
ハマチ(984mg)
ブリ(940mg)
サンマ(885mg)
ニシン(874mg)
ウナギ(587mg)
タラコ(506mg)

GLP-1 ダイエット 青魚

また、EPAは青魚に多く含まれるため、カロリーも同時に多く摂取することになるため、サプリメントなどで効率よく摂取することがおススメです。

・チラコイド

チラコイドとはほうれん草由来の成分で、GLP-1を多く分泌させるダイエット成分として海外で注目が集まっています。

チラコイドはそれ自体に食物の消化・吸収を遅くする効果があり、小腸を刺激する時間が増え、GLP-1の分泌量を多くすることが論文として発表されています。

GLP-1 ダイエット チラコイド

チラコイドの詳細、ダイエット効果についてはこちら

日本でもチラコイドが発売されています。

5.まとめ

痩せホルモンであるGLP-1を分泌させ、ダイエットをしやすくするためのまとめ情報、いかがでしたでしょうか?

GLP-1ダイエットは運動も食事制限も必要なしで簡単にダイエットできるということで話題になっていますが、ホルモンを分泌するということは、正しい生活習慣も大切だと考えています。

今回の情報を参考に、GLP-1がより分泌されやすい生活を心がけてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
チラコイドのダイエット効果研究サイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク