1週間でスムージーダイエット!代謝アップやむくみ解消、目的別レシピ7

スムージーダイエット レシピ

生の野菜や果物を手軽に取ることで、美容やダイエット効果なども様々なメリットが期待できると人気のスムージー。今回はその中でも、スムージーダイエットで1週間で結果を出すための目的別レシピについてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.スムージーダイエットの基本

なぜスムージーダイエットはキレイに痩せられるのか?

スムージーは生の野菜や果物を火を通さずに調理するため、野菜に含まれるビタミンはそのままに、しかも通常の食事よりも多く摂取できることが可能です。

しかもスムージーは食材が細かく刻まれているため、栄養の吸収がよく、内臓に負担をかけません。

スムージーダイエットでは、通常のダイエットに比べ、栄養も手軽に取れますし、身体への負担も少ないため、より効率的に脂肪の燃焼やお肌を生まれ変わらせるの代謝アップへとエネルギーを回すことができます

スムージーを飲むタイミング

スムージーダイエットをより効果的にするためには、できるだけ食前の30分前までにはスムージーを飲むことがベスト。(ただし、朝食をスムージー1杯で済ませる、という場合は別)

スムージーには食物繊維が豊富に含まれていますので、飲んでから30分ほどで、満腹感を感じます。

そうすることで、その後の食事の食べ過ぎを防いだり、食事による血糖値の急上昇を防ぎます。血糖値の急上昇は脂肪を体に蓄える原因となりますので、できるだけ食事の30分前までに飲むことがスムージダイエット成功のポイントです。

血糖値とダイエットの関係についてはこちらの記事にまとめています。

ダイエットするなら知っておきたい。血糖値の急上昇を避ける3つの方法

2.スムージーダイエットに使う食材について

スムージー ダイエット 食材

通常のスムージーでは、自由にいろいろな野菜や果物を使って構いませんが、スムージーダイエットにおいては、おススメ食材、注意する食材など、区別があります。

スムージーダイエットでおススメの食材

・トマト

トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用がたっぷり。ビタミンが豊富なことはもちろん、血液をサラサラにし代謝を上げる効果など、ダイエットにぴったりの野菜です。

・ほうれん草

ビタミンや鉄分、βカロテンが豊富で、非常に栄養バランスがいい野菜で、貧血防止にも効果があります。

さらに最近ではほうれん草の持つダイエット効果にも注目が集まっています。

-10kg!?ほうれん草ダイエットを始める前に、知っておきたい5つのポイント

ほうれん草に限らず、葉物の緑黄色野菜はどんなスムージーでも相性が良いです。

・アボカド

ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく良質なオレイン酸を含んでいます。脂肪燃焼には良い油をしっかりとることが不可欠です。

・バナナ

バナナはトリプトファンを含み、豊富な食物繊維とオリゴ糖が便秘の改善に有効です。また、バナナの甘味がその他の食材の味をまとめて、飲みやすくなります。

・豆腐

植物性タンパク質が豊富で、腹持ちもバッチリ。タンパク質はお肌や筋肉の元になりますので、ダイエット中でもできる限り摂取したいところ。

さらに野菜の味が苦手な方もまろやかな味になって飲みやすくなります。

・アーモンドやクルミなどナッツ類

不飽和脂肪酸のオレイン酸とアンチエイジングに嬉しいビタミンEが豊富です。キレイに痩せるスムージーダイエットにぴったりの食材です。

スムージーダイエットでは注意する食材

・イモ類

でんぷん質を多く含む食材は、糖質も多くなってしまうため、スムージーダイエットには不向きです。

・多すぎる果物

甘くて飲みやすいからといって、果物をあまり多く入れすぎると、果物の糖質が多くなり過ぎてしまい、かえって太りやすいスムージーとなってしまう可能性があります。

野菜や果物の相性について

スムージーを作る際には、材料を色々入れすぎずに、シンプルな方が効率よく栄養を摂ることができます。

3.スムージーダイエット1週間分レシピ

ほうれん草のグリーンスムージー

スムージーダイエット レシピ

【効果】ダイエット、代謝アップ、お通じ改善

【材料】2杯分

【調理時間】5分

ほうれん草 1束

リンゴ 1個

バナナ 1本

水 1カップ

【作り方】

ほうれん草はざく切りに、リンゴとバナナは皮をむき、全ての材料をミキサーで混ぜる。

【解説】

まずは基本のレシピでスムージーダイエット。ビタミンミネラルをしっかり取って、代謝を上げていきましょう。

アドカボのデトックススムージー

スムージーダイエット レシピ アドカボ

【効果】ダイエット、デトックス、むくみ改善

【材料】2杯分

【調理時間】5分

リンゴ 1個

ほうれん草 1カップ

アドカボ 2/1カップ

ブロッコリー 2/1カップ

水 2/1カップ

【作り方】

ほうれん草、アドカボ、ブロッコリーはざく切りに、リンゴは皮をむき、全ての材料をミキサーで混ぜる。

【解説】

引き続きビタミンミネラルをしっかり取って、代謝をアップ。さらにアドカボやブロッコリーで、身体の余分な水分をデトックス。

ナッツとバナナのダイエットスムージー

スムージーダイエット レシピ ナッツ

【効果】デトックス、むくみ改善

【材料】2杯分

【調理時間】3分

バナナ 1本

アーモンドなどナッツ類 30粒程度

絹豆腐 1パック

【作り方】

バナナは皮をむき、全ての材料をミキサーで混ぜる。

【解説】

むくみ解消効果のバナナと、食物繊維たっぷりのナッツでデトックス効果抜群です。さらに豆腐でボリューム感をアップし、腹持ちもいいのでどうしてもお腹の空いた時の夜食代わりにも。

ココナッツウォーターのさっぱりダイエットスムージー

スムージーダイエット レシピ ココナッツ

【効果】ダイエット、脂肪燃焼、お通じ改善、美容効果

【材料】2杯分

【調理時間】10分

しょうが 4/1かけ

ほうれん草 1束

アドカボ 4/1

きゅうり 1本

レモン 2/1

ココナッツウォーター(水でも可) 1カップ

【作り方】

レモンとアドカボ、しょうがは皮をむき、全ての材料をミキサーで混ぜる。

【解説】

美容効果で人気のココナッツウォーターとダイエット効果の強い野菜で作ったダイエットスムージー。ココナッツの甘味としょうがのアクセントで、たくさんの野菜をさっぱり飲めてしまいます。

ベリーとイチゴ、ヨーグルトのモーニングスムージー

スムージーダイエット レシピ ベリー

【効果】お通じ改善、美容効果

【材料】2杯分

【調理時間】5分

ラズベリーやブルーベリー 1カップ

イチゴ 1カップ

牛乳 2/1カップ

ヨーグルト 1カップ

はちみつ 小さじ1

レモン汁 小さじ1

【作り方】

全ての材料をミキサーで混ぜる。ゆるめがいい場合は牛乳を増やす。

【解説】

忙しい朝でもサッと作れて一日の活力になるダイエットスムージー。朝から活動的になることで一日の代謝も上がります。ヨーグルトの整腸効果でお通じ改善も。

スイカとトマトのダイエットスムージー

スムージーダイエット レシピ スイカ

【効果】むくみ解消、代謝アップ、アンチエイジング

【材料】2杯分

【調理時間】5分

スイカ 300g

トマト 2個

レモン汁 小さじ1

塩 適量

【作り方】

全ての材料をミキサーで混ぜ、塩で味を調整する。

【解説】

スイカとトマト、どちらもむくみ解消のカリウムやアンチエイジングに有効なフィトケミカルを豊富に含んでいます。お酒を飲んだ翌日などにもおススメです。

にんじんとしょうがのダイエットスムージー

スムージーダイエット レシピ にんじん

【効果】脂肪燃焼、代謝アップ、

【材料】2杯分

【調理時間】5分

にんじん 2本

グレープフルーツ 1個

豆乳 1カップ

シナモン 5g

しょうが 4/1個

【作り方】

人参、グレープフルーツ、しょうがは皮をむき、全ての材料をミキサーで混ぜる。

【解説】

にんじんのβカロテンには脂肪燃焼の役目を持つ肝臓機能のアップを。さらに、シナモン、しょうがには血行を良くし、発汗や体温アップなど、とても強い脂肪燃焼効果があります。

4.スムージダイエットのレシピまとめ

スムージーダイエットの仕組みと考え方、レシピ、いかがでしたでしょうか?

スムージーのレシピは今回ご紹介したものに限らず無数にあります。ご自身の好みや目的の効果に合わせていろいろと試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
チラコイドのダイエット効果研究サイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク